トップページ > 道外からの移住をお考えのお客様向けの情報

申込書ダウンロード

販売に関するお問い合わせ

道外からの移住をお考えのお客様向けの情報

アクセス

空港

空港

北海道の空の玄関口である新千歳空港まで、道央道を経由し、車で約1時間20分。

JR

寝台特急・特急・急行列車を含めて全ての旅客列車が停車するJR東室蘭駅まで車で約15分。

高速道路・国道

道央自動車道「室蘭インターチェンジ」まで車で約15分。

フェリー

苫小牧西港フェリーターミナルまで、道央道を経由し、車で約1時間20分。苫小牧西港フェリーターミナルは、大洗、仙台、名古屋、八戸を結びます。

天気

気温

気温

夏は涼しく冬は温暖な気候。もっとも暑い8月で21.5度、もっとも寒い1月で-2.5度です。

積雪

室蘭市の最深積雪は、一番多い2月で約27cm。北海道内ではとても雪の少ない地域です。(2010年〜2015年、室蘭地方気象台データに基づく)

冬の暮らし

積雪量が少ないため、除雪の心配はあまり必要がありません。自宅玄関から道路までの除雪を各家庭で行い、コンコードパーク内の道路は市の除雪車が作業するので安心です。

冬の暮らし

災害

地震

室蘭市内で、2010年〜2015年の5年間に最大震度3以上を観測したのは9回で、震度4以上を観測したことはありません。地震の発生回数が少ない地域です。

台風

北海道に台風がくることは珍しく、300km以内に接近する台風は年1、2回と、大きな被害が発生することはあまりありません。

水害

コンコードパーク室蘭は、室蘭港内まで直線距離で1.5km、太平洋岸まで3kmですが、標高約125mと高台にあるため、津波の心配はありません。また、コンコードパーク室蘭周辺には大きな河川もないので、氾濫などの浸水被害の危険性はありません。

食・アクティビティ

美食

美食

美食

室蘭3大グルメと言えば、まずは室蘭やきとり。室蘭で「やきとり」と言えば、豚肉と玉ねぎを焼き上げ、洋カラシをつけて食べるのがスタンダード。
もう1つの室蘭グルメは「室蘭カレーラーメン」。室蘭のラーメン店では、半数以上のお店で「カレーラーメン」を食べることができます。スパイスが効いたとろみのあるスープが絶品です。
最後の室蘭グルメは「クロソイ」。寒い時期が美味しく、刺身で食べると噛むほどに旨みが出る絶品の魚。

釣り

室蘭港は釣れる魚種が豊富な絶好の釣り場です。崎守埠頭、北外防波堤、フェリーふ頭、西1〜3号ふ頭など、釣りポイントが多くあります。家族でも楽しめる釣り場や、サイズに期待できるポイントもあり、釣り人に人気です。

温泉

車で45分のところにあるのが、全国的にも有名な登別温泉。9種類もの温泉が湧きだす日本有数の温泉郷です。各施設ごとに引いている泉質が異なるので、湯めぐりが楽しめます。

サーフィン

北海道でのサーフィン発祥の地と言われているのが室蘭。太平洋に面したイタンキ浜の波は初心者にも乗りやすく、人気があります。駐車場やトイレ、シャワーも整備されています。

医療

市内には市立室蘭総合病院、日鋼記念病院、製鉄記念室蘭病院の3つの総合病院があります。特にコンコードパーク室蘭から車で約8分の距離にある製鉄記念室蘭病院は、22の診療科と専門外来を備えており、安心の暮らしを送ることができます。

コンコードパーク室蘭からの風景

オーシャンビューモデル

コンコードパーク室蘭の12街区、13街区は大変見晴らしが良く、太平洋の水平線から昇る朝日を望むことができたり、工場群の夜景が見渡せます。
この区画に建設するための特別なモデルが「オーシャンビューモデル」で、協議会各社によるこれらモデルの設計もご案内しております。
この眺めをひとり占めできるのが「オーシャンビューモデル」。格別の眺望を満喫する暮らしをぜひこのコンコードパークで。

ジョイフルホーム

ジョイフルホーム

外観にウッドデッキを大胆に使って、1階はデッキ、そして2階にはバルコニーを設けることで、プライベートビーチの前に建つリゾート感覚満点のモデルが誕生しました。

イワクラホーム

イワクラホーム

海側に面している大きな窓が開放感満点。リゾート感覚の居室空間とあいまって、オーシャンビューを満喫できます。

建成ホーム

建成ホーム

昼間の海の景観だけでなく満天の星空も楽しむことで、より贅沢な気分に浸れるように設計しました。

シュガーホーム

シュガーホーム

広いウッドデッキから眺める水平線は、見飽きることがありません。居間や居室からウッドデッキへの移動は段差のないフラット仕様になっているので便利です。

ミサワホーム

ミサワホーム

2階リビングから毎日海を眺める暮らしをしてみませんか。

セキスイハイム

セキスイハイム

太陽光発電のある暮らしを実現し、総タイル外壁で重厚感も演出しました。

土屋ホーム

土屋ホーム

1階にデッキ、2階にバルコニーと絶景を楽しむ配慮です。海に面して3方向に大きな窓。さらに天窓を設けることで室内にはたくさんの光を取り込むことができて、開放的です。

▲ page top